スマート競馬 競馬予想ツール集 Armory

好きな予想理論を選ぶだけ!勝って楽しむデータ競馬の武器庫

スマート競馬製作委員会とは

スマート競馬製作委員会とは、競馬を最大限に楽しむためのツールの提供を通じて新しい競馬市場の開拓・業界の活性化を図る運営組織です。

競馬業界存続の危機が迫っていることをご存知でしょうか

5年後の競馬業界は、今より盛り上がっていると思いますか?

私たちの答えは Yes です。
近年、インターネット技術の発達という背景から、競馬の市場は年々拡大しており、この傾向は続くと予想されます。

中央競馬 余暇市場の推移
データ引用元:レジャー白書2017 図表2-2 余暇市場の推移

それでは次の質問です。

30年後の競馬業界は今より盛り上がっていると思いますか?

私たちの答えは No です。
その根拠は、競馬ユーザーの年齢層にあります。次のデータをご覧ください。

中央競馬 参加人口の年代別構成比

データ引用元:レジャー白書2017 図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年)

競馬の全盛期である1990年ごろ、競馬を楽しむ人の平均年齢は40~45歳だろうと言われていました。しかし、上記の図から2016年の平均年齢は50歳半ばであると推測でき、高年齢化の進行が顕著に現れています。このまま30年後を迎えると、どうなるでしょうか。

G1レース開催の競馬場に訪れた時の様子を想像してみてください。巨大な会場を埋め尽くすほどの大勢のファンはそこになく、ゴール間際に響く歓声の轟音を聞くことはなくなるでしょう。スポーツ新聞の表紙一面を埋め尽くすニュースとして取り上げられることはなく、一部の枠で細々と書かれることでしょう。閉鎖する競馬場も出てくるかもしれません。

なぜ競馬ファンの高年齢化が進んでいるのでしょうか

馬券のインターネット投票システムの整備や、話題の女性騎手 藤田菜七子の登場とその人気の後押しといった活動により、一見、高い盛り上がりをみせているように見えます。

しかし実のところ、競馬業界が一番解決したい高年齢化問題に対する決定打が見出せていない状態が長年続いていると推測されます。

競馬の盛り上がり

「競馬は楽しい」

それは、競馬場に響き渡る歓声を肌で感じたり、親から子へ受け継がれる競走馬としての使命・血の流れといった、競馬というスポーツが生み出すドラマが与えてくれる感情だと思います。この感動は、実際に競馬場に足を運ばずとも、雑誌やテレビといったメディアを通じて感じとることができるようになりました。

本来であれば、競馬はより広い世代で親しまれるコンテンツへと進化をとげるはずでしたが、そうではありませんでした。

競馬の難しさ

「競馬って難しそう」

残念ながら、競馬とあまり関わったことのない人たちがまず浮かぶイメージはこれだと思います。そして、このイメージと現実はそれほどかけ離れてはいません。

競馬は100円から参加できる公営ギャンブルですが、馬券を買うまでに超えなければならないハードルがいくつもあります。例えば、競馬新聞の読み方、予想の仕方、馬券の種類の選び方、馬券の買い方・・・

コアな競馬ユーザーのニーズに都度応えてきた副作用により、初心者が参加するための敷居が高くなってしまったのではないでしょうか。

このまま為す術もなく競馬業界を衰退させてよいのでしょうか?

競馬の運営はすべて日本中央競馬業界(JRA)が担っています。そのため業界を活性化させる使命はJRAにあると言えますが、すべての責任を彼らに押し付けてはいけません。これは、私たち競馬ファン一人一人が今一度立ち止まって、考えなければならない課題です。

それに立ち向かうため結成された組織が、スマート競馬製作委員会です。私たちは、スポーツ観戦やギャンブルに対し潜在的な興味をもつ男女 20代と30代を中心にアプローチし競馬の魅力を伝えていきたいと思っています。その目標を達成する上で大きな鍵を握るのが、スマートフォンであると考えています。

スマート競馬製作委員会は、スマートフォンを活用した革新的な競馬の楽しみ方を提供します

競馬をスマートフォンで楽しむ

スマートフォンが登場してから瞬く間に世の中に広く浸透し、今や20代、30代は1人1台持ちが当たり前となりました。その高機能さや手軽さから、脱・パソコンを果たした人たちの噂もよく耳にするようになりました。

この携帯デバイスをうまく活用すれば、若い世代へ革新的な競馬の楽しみ方が提供できるようになるはず。私たちは改めて競馬の在り方について様々な視点での議論が必要だと考え、競馬ファンとIT業界のスペシャリストたちを集め意見交換を行いました。その結果、一つの答えにたどり着きました。

それは、「競馬はあらゆる世代、あらゆる時代において必要とされる娯楽である」であるということ。

それが正であるならば、この世に足りないものは、「表現」のみということになります。料理に例えるなら、最高の食材はすでに冷蔵庫に入っている状態です。どう料理するかによって、生ゴミにも至高の料理にも変化します。

競馬をどう料理すれば日本中の人に愛される娯楽となるのか。その成功の鍵を握るのがスマートフォンであるという意見で全員が一致しました。そして、その使命を自ら果たしたいと進言する者たちが現れ、委員会が結成されました。ここで、メンバーをご紹介しましょう。

【競馬 × IT】スマート競馬製作委員会のメンバー構成

競馬予想エンジン開発担当 プロジェクトリーダー Tsunji

開発者シルエット

小学生の頃からおもちゃがわりにプログラムを書いていた生粋のエンジニア。大手メーカー企業に勤めて得た経験を活かした高品質なシステム構築に定評がある。当委員会のプロジェクトリーダーを務める。

スマートフォンアプリ開発担当 WEBアナリスト ENDoDo

開発者シルエット

ユーザーの行動心理を独自の指標で解析し優れたインタフェースを構築するエンジニア。代表作のアプリは株のビッグデータをユーザーの嗜好に合わせてまとめるアプリ 株ニュース

マーケティング担当 プランナー Seiji

開発者シルエット

誰も思いつかない視点の発想を息をするように生み出す天性のアイデアマン。広告分野を得意とし、これまでにいくつものプロジェクトを成功に導いてきた影の功労者。

以上3名が実働部隊です。そして、このプロジェクトの監修者として1名ご協力頂いております。ご紹介しましょう。

監修者

この使命を果たす上で、競馬のプロの後押しは絶対条件。本企画をプロ馬券家にプレゼンし、監修として協力を仰ぐことが叶いました。

ミリオンダラー馬券術

その方の名は、「ミリオンダラー馬券術」著者の竹内様です。競馬の予想エンジンやデータの見せ方など、サービスの肝になる部分は彼のGOがでるまで何度も試作を重ね、完成度を高めていきました。

こうして結束したメンバーで何度も意見を交わし、試行錯誤を繰り返した結果、二つのサービスが生まれました。

スマート競馬製作委員会 活動事例

① スマート競馬 人口知能競馬予想アプリ うましり!

人工知能競馬予想うましり

「競馬予想をもっと楽しくする」をテーマとした、ライト層向けのスマートフォンアプリです。

競馬予想の祭典「バケリンピック」出場を目指し日々努力する女子大学生たちのドラマを描きます。このアプリは競馬ユーザー少数派とされる20代と30代の男女を中心に利用されています。

年齢層

利用者性別分布

データ:google アナリティクス

このように、サービスの提供を通じて新しい市場を開拓し続けています。

人工知能競馬予想アプリ うましり!について詳しくはこちら

② スマート競馬 競馬予想ツール集 Armory

競馬予想ツール集Armory

「好きな予想理論を選ぶだけ!勝って楽しむデータ競馬の武器庫」をテーマとした、中級者向けのデータ競馬ツール集です。

競馬を予想するためにはまず競馬新聞を手にもつことから始まると考えている人が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。しかしながら、競馬新聞だけで勝つためには知識と経験が必要です。そのどちらかが不足しているとなかなか勝てないのが競馬の難しいところであり、初心者が中級者へ上がるステップで挫折してしまうもっとも大きな要因だと考えています。

競馬予想ツール集 Armoryでは予想のためのさまざまな武器をご用意しております。あなたが選んだ武器は、全レースに対し計算をかけ、特においしい買い目を教えてくれます。あなたのいつもの予想法に武器の買い目を加えるだけで、勝ちつづける驚きの体験ができるようになります。

競馬予想ツール集 Armoryについて詳しくはこちら

スマート競馬プロジェクト 運営会社について

黒船LABO株式会社 が運営しております。
会社概要はこちら

最後に

私たちはこれだけに満足せず、「競馬は楽しい」により多くの人に気づいてもらうというミッションを果たすため、あらゆる視点で可能性を探求していきます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。この内容に少しでもご共感頂けましたら、シェアボタンを押していただけると大変うれしく思います。

Copyright© スマート競馬 競馬予想ツール集 Armory , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.